市民向けキャンペーンコンテンツ

市民向けキャンペーンコンテンツプラスチックごみ削減に向けてできることを考える

  私たちはたくさんのプラスチック製品に囲まれて生活しています。

  便利な一方でポイ捨てや屋外に放置されるなど、きちんと処理されなかったプラスチックごみが、雨風により河川を通じて海に流れ込むことで、生き物たちがエサと間違って食べたり、漁網が身体にからまって傷つくなど、命の危険にさらされています。
  そしてまた、海が汚れるのはもちろん、プラスチックごみが波の力や紫外線により細かく割れてできたマイクロプラスチックが生態系に及ぼす影響も懸念されています。

  ここでは、これらプラスチックごみ問題を解決するためにできることや、企業や団体の方々の取り組みなどを紹介します。

  一人では小さな取り組みだとしても、みんなで取り組めば大きな削減につながります。
  プラスチックごみを減らすため、私たち一人ひとりが今できることから始めてみませんか。