市民向けキャンペーンコンテンツ

市民向けキャンペーンコンテンツ包装削減キャンペーンを実施します

■包装の削減にご協力ください

■包装削減を呼びかけます!

■包装削減に取り組まれる事業者のみなさまへ

■包装削減キャンペーン共通デザインをご活用ください

 

包装の削減にご協力ください

 仙台市は、平成19年に事業者および市民団体と締結した「仙台市におけるレジ袋の削減に向けた取り組みに関する協定」に基づき、毎年市民団体・事業者・市の協働による包装削減キャンペーンを実施しています。

 キャンペーン期間中は、市内の様々な店舗・事業所にポスターを掲示し、容器や包装の削減を呼びかけます。マイバッグの持参やできるだけ詰め替え商品を選ぶなど、普段の買い物で実践できる取り組みに、ぜひご協力ください。
また、市内薬局やドラッグストアなど、レジ袋を無償配布するレジにワケルくんスタンドポップを掲出したり、一部店舗ではワケルくんがレジ袋削減を呼びかける店内放送(ナレーション)も実施します。
 このほか、市内学校へもポスター掲示を依頼し、市立学校には校内放送でのワケルくんのナレーションの活用も呼びかけます。
 無料だからとついレジ袋をもらってしまいがちなコンビニエンスストアやドラッグストア・薬局などでも、ぜひレジ袋削減にご協力ください。 

  

包装削減を呼びかけます!

 包装削減キャンペーン期間中、包装削減に取り組む市民団体の方々との協働により、レジ袋削減のメッセージが入ったポケットティッシュを配布しながら、包装削減の呼びけを行います。

(1)交通局タイアップによる啓発の実施
 交通局の「マナーアップ・キャンペーン」(10月1日()~1031日(水))とのタイアップにより、地下鉄駅構内、レジ袋の削減と乗車マナーの向上を呼びかけます。

日時

実施場所

10月日()7:40~8:30

地下鉄仙台駅・勾当台公園

 

≪環境局と交通局とのコラボポケットティッシュ≫

180821②_レジ袋と歩きスマホ6.png

 

(2)大学祭における啓発の実施
 マイバッグ持参率が比較的低い若年層への啓発として、大学祭においてレジ袋の削減を呼びかけます。

 

日時 実施場所
10月20日(土)13:00~14:00 東北福祉大学

  

包装削減に取り組まれる事業者のみなさまへ

 今回のキャンペーンを実施するに当たり、関係事業者の皆さまへキャンペーンポスター等を送付するとともに、包装削減を進めるため、下記の取り組みにご協力をお願いしています。

○ポスターの掲示

○スタンドポップの掲出

○コンビニエンスストア向け啓発シールの活用、スーパー等におけるレールポップの活用

○店内啓発放送の実施

○小売店舗(レジ等)における声がけ

○キャンペーン共通デザインの活用

○広告・ちらし等へのキャンペーン実施記事掲載

○従業員への啓発

○事業者ごとの独自の取り組み・自主目標の設定

 

キャンペーン関係事業者数 約210事業者、約1,610店舗

【関係事業者:レジ袋削減に関する懇談会関係事業者、エコにこマイスター認定事業者、薬局】

イオンスーパーセンター(株)、イオンリテール(株)東北カンパニー、(株)伊藤チェーン、(株)イトーヨーカ堂、(株)ウジエスーパー、(株)サンマリ、JR東日本東北総合サービス(株)、(株)デンコードー、(一社)日本フランチャイズチェーン協会、(株)藤崎、マックスバリュ南東北(株)、(株)マツモトキヨシ東日本販売、みやぎ生活協同組合、(株)ヤマザワ、(株)ヨークベニマル、(株)ワッツ東日本販売  他(50音順,敬称略)

 

包装削減キャンペーン共通デザインをご活用ください

 キャンペーンポスターやスタンドポップのデザインは、包装削減等に資する目的であれば、自由にご活用いただけます。店頭ポップ等にご活用ください。
※ご利用にあたりましては縦長や横長にしたりなど、画像に手を加えないでください。
※活用いただける場合は、家庭ごみ減量課(℡214-8229)まで活用例をお知らせください。

 

B3poster.jpg

キャンペーンポスター
standpop-1.jpg スタンドポップ
(表面)
standpop-2.jpg スタンドポップ
(裏面)


<包装削減キャンペーンに関するお問い合わせはこちら>
仙台市家庭ごみ減量課 減量推進係
TEL 022-214-8229
FAX 022-214-8277
E-Mail kan007220@city.sendai.jp