プラスチック

レジ袋削減の取り組み

レジ袋削減の取り組み(協定書の締結等)

仙台市では,マイバッグ持参の呼びかけや,レジ袋の有償配布等,レジ袋の削減に積極的に取り組む事業者を支援し,ごみ減量・リサイクルを一層推進させることを目的として,関係市民団体(レジ袋の削減を進める市民ネットワーク)と共に,「仙台市におけるレジ袋の削減に向けた取り組みに関する協定」の締結や確認書の交付を行うことにより,事業者・市民団体・市の3者が,下記の取り組みを実施する中で,仙台市内におけるレジ袋の削減を目指すこととしております。

平成30年度からは,快適な都市環境とごみ減量・リサイクルの推進などを目的として活動している「アメニティ・せんだい推進協議会」の啓発活動部会に統合することにより,市民・事業者との協働をさらに推し進めております。

本協定により先行して行っていたレジ袋の有償配布は,令和2年7月からは全国一律でレジ袋の有料化が義務となりましたが,近年は,レジ袋の素材であるプラスチックによるごみが海を汚し,生き物への悪影響も懸念されており,不必要なプラスチックを削減するなどのライフスタイルの見直しがはかられていることから,引き続きいっそうのレジ袋削減に向けて取り組んでいきます。

事業者の取り組み

消費者へのマイバッグ持参の呼びかけ及びレジ袋の有償提供等を行います。

レジ袋の削減を進める市民ネットワーク(市民団体)の取り組み

消費者へのマイバッグ持参の呼びかけや店舗の支援等を行います。

仙台市の取り組み

ワケルくんを使用したポスターを作成し,レジ袋を使用している事業者に配布,ワケルネットでの広報,市政だよりなどを通じて,市民の皆さんへマイバッグ持参等によるレジ袋削減を含めた使い捨て(ワンウェイ)プラスチックごみ削減を呼びかけます。

レジ袋削減の効果・実績

協定締結を受け,平成19年6月1日より,それぞれの実施店舗が市民団体や仙台市の支援を受けながら,レジ袋の有償提供及び消費者へのマイバッグ持参の呼びかけを行うなど,レジ袋の削減に積極的に取り組んできているところですが,これまでの実施実績等を下記のとおり取りまとめました。

協定締結・確認書交付店舗(11事業者90店舗) ※令和4年3月末時点
事業者名実施店舗数店舗名称
イオンスーパーセンター株式会社1イオンスーパーセンター鈎取店
イオン東北株式会社3イオン
マックスバリュ南東北株式会社8ザ・ビッグ,ザ・ビッグエクスプレス
株式会社伊藤チェーン2イトーチェーン
株式会社イトーヨーカ堂1アリオ仙台泉店
株式会社ウジエスーパー5ウジエスーパー
カメイ株式会社1グリーンマート桂店
JR東日本東北総合サービス株式会社2クオリティフードストア仙台原ノ町ピボット,tekuteながまち
みやぎ生活協同組合31みやぎ生協
株式会社ヤマザワ8ヤマザワ
株式会社ヨークベニマル28ヨークベニマル
平成19年度~令和2年度の削減実績

レジ袋の売上金の使途について

事業者名具体的な還元策
イオンスーパーセンター株式会社宮城県「イオンの森」整備にあたり,宮城県との使用協定に基づく森林整備活動を実施。毎年の宮城県下6店舗のレジ袋収益金を充当しております。
イオン東北株式会社東北6県の環境活動を実施している団体様に,県別に寄付をおこなっております。
マックスバリュ南東北株式会社宮城県・福島県の「イオンの森」の維持費に充当。
株式会社イトーヨーカ堂令和2年度分は,宮城県庁環境生活部自然保護課様「宮城みどりの基金」に175,000円寄付させていただきました。対象店舗:イトーヨーカドー仙台泉店,イトーヨーカドー石巻あけぼの店
株式会社ウジエスーパー公益財団法人みやぎ・環境とくらし・ネットワーク(MELON)様の,環境保全活動資金として寄付する予定になっております。
みやぎ生活協同組合環境保全活動の資金として活用しています。また,店舗のリサイクル回収ボックスの買い替え等に使用します。
株式会社ヨークベニマル2020年7~12月分を,2021年2月に寄附(4月23日に目録贈呈)。