レジ袋削減

レジ袋削減包装削減キャンペーン(令和元年10月)を実施しました

■包装削減キャンペーンを実施しました(令和元年10月)

■市民・事業者のみなさま ご協力ありがとうございました!

■キャンペーン期間中に行った主な取り組み

■今後もレジ袋の削減や簡易包装の推進にご理解とご協力をお願いします

 

包装削減キャンペーンを実施しました(令和元年10月)

 仙台市では,使い捨て防止や資源の有効利用の観点から,平成19年度に市民団体(レジ袋の削減を進める市民ネットワーク),事業者,行政がレジ袋の削減に向けて協定を締結し,それ以降消費者へのマイバッグ持参の呼びかけ,レジ袋の有償提供の取り組みを進めています。

 令和元年度は,レジ袋を含む包装全体の削減を目的とした「包装削減キャンペーン」として,令和元年10月の1ヵ月間,様々な取り組みを行いました。
 

市民・事業者のみなさま ご協力ありがとうございました!

 包装削減キャンペーン期間中,市内の様々な店舗・事業所にポスターを掲示していただき,容器や包装の削減を呼びかけるとともに,マイバッグの持参・詰め替え商品の活用・簡易包装の推進など,普段の買い物で実践できる取り組みを積極的に推進していただきました。また市内コンビニエンスストアやスーパー,薬局などでワケルくんシールやスタンドポップを掲出していただいたり,一部店舗では店内放送でワケルくんがレジ袋削減を呼びかけました。さらに,ポスター用の外国語啓発メッセージ(英語・中国語・韓国語・ベトナム語・ネパール語)を作成し、希望された事業者の皆様にお送りいたしました。
  街頭においては,包装削減に取り組む市民団体の方々との協働により,地下鉄駅構内や大学祭で包装削減を呼びかけました。

B3poster.jpgのサムネール画像
《ポスター》
seal-2.jpg 《シール》
standpop-1.jpg standpop-2.jpg 《スタンドポップ》

《ポスター用外国語啓発メッセージ》
(英語・中国語・韓国語・ベトナム語・ネパール語にて作成))


ポスター用啓発メッセージ(英語).png
ポスター用啓発メッセージ(中・韓など).png

 

キャンペーン期間中に行った主な取り組み

(1)事業者のみなさまの取り組み

関係事業者数 約185事業者,約1,950店舗

 今回のキャンペーンを実施するに当たり,関係事業者のみなさまへキャンペーンポスター等を送付するとともに,包装削減を進めるため下記の取り組みのご協力をお願いしました。

○ポスターの掲示
※必要な場合、ポスター用外国語啓発メッセージ(英語・中国語・韓国語・ベトナム語・ネパール語)の活用

○スタンドポップの掲出

○シール・レールポップ用印刷物の活用

○店内啓発放送の実施

○小売店舗(主にレジ等)における声がけ

○キャンペーン共通デザインの活用

○広告・ちらし等へのキャンペーン実施記事掲載

○従業員への啓発

○事業者ごとの独自の取り組み・自主目標の設定

【関係事業者:レジ袋削減に関する懇談会関係事業者,エコにこマイスター・エコにこゴールドマイスター認定事業者,薬局】
イオンスーパーセンター㈱,イオンリテール㈱,みやぎ生活協同組合,㈱ヨークベニマル,㈱イトーヨーカ堂,㈱ウジエスーパー,㈱ヤマザワ,㈱サンマリ,㈱伊藤チェーン,荒岩商事㈱,㈱デンコードー,㈱マツモトキヨシ東日本販売,㈱藤崎,㈱仙台三越,㈱ワッツ東日本販売,(一社)日本フランチャイズチェーン協会(㈱セブン-イレブン・ジャパン,㈱ファミリーマート,ミニストップ㈱,山崎製パン㈱,㈱ローソン) 他
※敬称略

○キャンペーン期間中の事業者の取り組みにつきまして詳細はこちらをご参照ください。

 キャンペーン期間中の事業者の取組【PDF 297KB】

 

(2)市民団体の方々との協働による取り組み

 市民団体の方々との協働により,レジ袋削減のメッセージが入ったポケットティッシュを配布しながら,包装削減の呼びかけを行いました。

①交通局とのタイアップによる啓発

 交通局の「マナーアップキャンペーン」(10月1日~10月31日)とタイアップし,地下鉄駅構内でレジ袋の削減と乗車マナーの向上を呼びかけました。

【日時】 令和元年10月2日(水) 7:40~8:15
【実施場所(ポケットティッシュ配布数)】 仙台駅(3,500個)・勾当台公園駅(1,500個)
【参加市民団体】ペットボトルラベルはがし調査実行委員会 ※敬称略

 

②大学における啓発

 東北福祉大学の大学祭「国見祭」で,主に学生の来場者に対してポケットティッシュを配布し,マイバッグ持参・レジ袋削減を呼びかけました。

【日時】 令和元年10月19日(土) 13:00~14:00
【ポケットティッシュ配布数】 300個
【参加市民団体】仙台・みやぎ消費者支援ネット,ペットボトルラベルはがし調査実行委員会 ※敬称略


環境局とのコラボポケットティッシュ.png 《環境局とのコラボポケットティッシュ》

 

(3)その他の取り組み

学校への協力依頼
  児童等が使い捨ての見直しやごみ減量について考えるきっかけとなるよう,市内学校337校にポスターの掲示を依頼しました。また仙台市立学校には,ポスター掲示に加え,ワケルくんがレジ袋削減を呼びかけるCDを校内放送などで活用いただくよう依頼し,キャンペーン期間終了後には,活用の有無についてアンケートを実施しました。

【アンケート結果概要】 ※市立学校191校中67校から回答
・回答のあった67校中,5校を除いて,廊下や掲示板などの目立つ場所にポスターを掲示していただいた。
・回答のあった67校中,約46%の学校において,昼の校内放送などでワケルくんがレジ袋削減を呼びかけるCDを活用していただいた。
・回答のあったほとんどの学校で,ごみの分別や裏紙利用によるごみ減量など独自の取り組みを行っていただいていた。

 

今後もレジ袋の削減や簡易包装の推進にご理解とご協力をお願いします

 仙台市では,今後も,レジ袋の削減や簡易包装の推進など,包装削減を進めるための様々な施策を展開していきます。
  市民・事業者のみなさまにおかれましては,今後ともご理解とご協力のほど,よろしくお願いいたします。

「レジ袋削減」のページに戻る