減らそう食ロス

減らそう食ロス仙台市食品ロス・ダイアリーの調査結果がまとまりました

ご協力いただいた市民モニターの皆さま,ありがとうございます。

近年,まだ食べられるのに捨てられてしまう「食品ロス」が社会問題になっています。
仙台市環境局では,平成29年11月に仙台市内の家庭から出された生ごみの調査を行い,食品ロスがどれくらい出されているのかを調べたところ,生ごみのうち約3割が手つかずのまま捨てられた食品や食べ残しである食品ロスであることが分かりました。

そこで,平成30年10月15日から11月11日までの間,手つかずのまま捨ててしまった食品や,食べ残しなどを日記形式の調査票に記録して報告していただく,「食品ロス・ダイアリー」市民モニターを募集し,こうした食品ロスがどのような理由で発生するのか調査を実施しました。        diary.jpgのサムネール画像
  

仙台市食品ロス・ダイアリー調査結果(概要版)はこちら(PDF:1.9MB)から
調査票はこちら(PDF:790KB)  から